初心者がVIO自己処理をやってみた

Oラインの自己処理はやらないほうがいい。色々頑張ったけど諦めた理由

更新日:

 

こんちには、結です。

最近私が密かに悩んでいる事。

それはOライン、要するにお尻の穴の周りの毛の処理方法です。

付き合って半年になる彼氏に、アンダーヘアを処理してない事を突っ込まれてしまったのが今から数ヶ月前。

それ以来、VIOの自己処理を徹底するようになりました。

で、VとIは結構簡単にできちゃうんですけど、Oって相当大変なんですよ。

まず簡単に見る事も出来ないし。

自分のお尻の穴って見た事あります?

私は28年一度も無かったし、自分のOラインには毛が生えていないんじゃないかと思ってたんです。

そこでVIOの専門家、VIO脱毛コンシェルジュの二階堂さんに相談してみた所、

二階堂
そう思ってる女性は結構多いんだけど、勘違いしてるパターンも相当多いんだよね。

という痛い痛い一言をいただきました…。

VIO脱毛コンシェルジュ二階堂とは?詳しいプロフィール

それを聞いて焦った私は、メイク用の角度が変えられる鏡を使って自分のお尻の穴を確認してみたんです。

そしたらなんとびっくり

全身の姿見で見た時には遠くて確認できなかったんだけど、よーーーーく見たらチョロチョロと生えてたんです。

二階堂
もちろん全然生えていない人もいますし、Vラインと変わらないくらい大量に生えてる方もいますよ。

少しくらいならほっといてもいいかなって思ったんですが、VやIをキレイに剃ると、Oだけ残ってるのが目立つんですね。

「これは何とかしなければ…」というわけでいつもの如く、思いつく限りに色んな方法を試してみました。

この記事では、色々試してみた結果と、最終的に至った結論をまとめていきます!

Oラインの処理で悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

まずは自己処理をしてみた

生えている事がわかった以上そのままにはしておけない。

というわけで、いくつかの方法を試してみましたよ。

【態勢】

M字で大開脚状態になり、更に少しのけぞる感じの態勢にして、出来るだけ鏡にお尻がしっかり見えるような態勢を取ります。

【使ってみた道具】

  • T字カミソリ
  • 電気シェーバー
  • ヒートカッター
  • 毛抜き

【感想】

それぞれの道具の感想とおすすめ度合いを★5つで表現したいと思います。

T字カミソリ ☆☆☆☆☆ 星0

余計な部分にも刃が当たるので、とにかく肌が傷つきやすい。

剃っている時に刃の部分が見えるわけではないので、粘膜キワキワの所を剃る時はちょっと怖いです。

又、カミソリはフォームを塗らないと剃れないので、泡で毛が隠れてしまいます。

敏感な粘膜なので、あてずっぽは絶対NG。

使うならシェービングジェルがいいかも。

でもやっぱり肌がかゆくなりやすかったので、おすすめは出来ません。

電気シェーバー ★★☆☆☆ 星2

カミソリと比較すると、地肌へのダメージは軽減されます。

フォームやジェルなしで使えるし、刃がダイレクトで露出しているので、剃りたい部分に確実に刃を当てられるというメリットも。

ただ、T字カミソリ同様、次の日には毛が伸びてきます。

カミソリやシェーバーで剃った毛先は角度が鋭角なので、かなりチクチクした状態。

Oラインは立体になっているので、肌に刺さって痒い!

安全性を考えると、T字よりは若干おすすめ…かなぁ。

ヒートカッター ★☆☆☆☆ 星1

こちらは熱線で毛を焼き切る道具。

毛先の形状が丸くなるので、カミソリやシェーバーと比べるとチクチクしにくいですね。

あとは、地肌に刃が触れる事は無いので、肌を傷つけるリスクもありません。

ただ、ヒートカッターは片方の手で毛先を摘んでもう片方でカットする必要があるので、そもそも見えにくいOラインの処理はかなりやりにくかった。

更に最短でも3〜5ミリは毛の長さが残ってしまうので、仕上がりの見た目が悪いですよね。

IとOに至っては、長さを残す必要なし。

0ミリにしておくべきパーツなので。

二階堂
ただ、ものすごく濃くて大量に生えている人は、量が少なくなったように見えるだけでも見た目は改善されます。

毛抜き ☆☆☆☆☆ 星0

根本から抜いてしまうので、カミソリやヒートカッターよりもツルツルでいられる期間が長いです。

でも痛い!

そして衛生面でのリスクが高くなります。

基本的に毛抜きで抜いたあとの毛穴は空洞が大きいので、雑菌やばい菌が入りやすくなっています。

それを防ぐ為にもしっかり清潔な状態にしておかないといけないんですが、

そもそも大きい方が出て来る場所だから、全身の中で衛生管理が一番困難な場所と言っても過言じゃないわけです。

最も毛抜きでの自己処理が向いてないパーツかもしれないですね。

それでも持ちを優先させたいのであれば、肌のケアを怠らない事が重要。

肌ケアとは・・・?

  1. 抜く前には蒸しタオルで毛穴を温め、抜けやすい環境を作ります。
  2. 抜いた直後は毛穴をクールダウンさせて、落ち着いたらしっかり保湿しましょう。

ただ、大量に生えている人が毛抜きで一本ずつ抜くと、結構時間かかるんですよね。

数日かけて抜いているうちに、あっという間にまた抜いたはずの所から毛が伸びてきちゃいます。

見た目がハゲ山みたいでかっこ悪い上に、手間がかかるので、量が多い人ほどおすすめ出来ません。

Oラインの自己処理は肌トラブルが起きやすい

さて、色々試してみたものの、私の結論としては、

Oラインの自己処理はしない方がいい!

VやIに比べて、やっぱりOは処理しづらいんです。

その上、衛生面を保っておくのが難しいので、肌トラブルがかなり起きやすいです。

具体的には

  • カミソリで切ってしまう
  • 生えてきた毛がチクチクして痒い→掻いて肌荒れ
  • 毛穴が赤くポツポツになる(毛包炎)
  • 埋没毛になって黒い点々が出来る
  • 黒ずみができる→脱毛しても結局汚い

などなどありますが、これが実際になってみると、想像以上に悲惨です。

だって大きい方をする度に痛いし、それでもしっかりとペーパーで拭き取る必要があるわけです。

顔や腕の怪我とは訳が違うから治りにくいんですよ。

で、それをお医者さんに相談に行くのも恥ずかしいですからね!!!!←(自力で治癒なぅ)
二階堂
実際に脱毛の施術している看護師さんに取材をした事がありますが、自己処理の結果地肌が汚くなっている人が結構沢山いて、結局脱毛したのに今度は黒ずみで悩んでしまう事も少なくないんです。
じゃあOラインは極力何もやらない方がいいって事ですか?
二階堂
うーん…矛盾してしまうんだけど、VIOの中で、男にとって一番害になるのはOラインの毛なんだよね。

一番嫌われるのは見た目よりにおい!!!

要するに、Oラインって大きい方が出て来る場所。

それが毛についたり、うまく拭けてなかったりするわけだから、一番におうのがOラインなんです。

見た目的には、しょっちゅう見えているわけじゃないのでそこまで気にならないけど、においというのは見た目を遥かに上回る萎えポイントなんです。

二階堂
ぶっちゃけると、シャワー浴びずにバックの態勢でやる時、すっごい臭い場合があるよね。
あの時に男性が臭いを我慢しているなんて考えた事もなかった。
二階堂
本人に直接伝える事はまず無いからね。におうから萎えたなんて言えない。

生えているなら、ソッコー脱毛に行った方がいい

これは現役の看護師さんたちも同意見でしたが、生えているなら絶対に脱毛で生えてこないようにするべきです。

二階堂
看護師サンたちも、「何もしてない人に教えてあげたい」って言ってましたからね。

それくらい、Oの毛は放置しておくものじゃないんです。

サロンにいくまでは、"自己処理は我慢"がベスト。早くサロンに通うべし。という事ですね。
二階堂
そうだね。黒ずみが酷くなると、レーザーや光脱毛も反応しづらくなるから、照射回数が増えてしまうしね。

そうなると結局総額の料金が上がっちゃうし、やっぱり自分ではやらない方がいいですね。

脱毛の際も、肌が傷ついているとせっかく予約を取ったのに、当ててもらえなくなっちゃうので、極力スタッフさんに剃ってもらう方がいいと思います。

二階堂
シェービングが無料のサロンもあるし、みんな気軽にお願いしてるから、恥ずかしがる必要は全くないので大丈夫ですよ。
上記で書いたVIO脱毛を施術している現役看護師さんのインタビュー記事があるので、できればこちらも読んでみてください。
施術している側がOラインの毛についてどのように感じているのかよく分かりますよ。

医療VIO脱毛を施術している現役看護師と、VIOコンシェルジュが座談会をやってみた(1/3)

初心者がVIO自己処理をやってみた

© 2018 お嬢様、VIO脱毛コンシェルジュにご用命ください!Powered by AFFINGER4 .