VIO処理・VIO脱毛をコンシェルジュが詳しく解説

Iラインの自己処理が一番大切な理由と、具体的な処理方法をプロが解説

更新日:

二階堂
VIO処理の中でIライン処理が一番重要だと気づいてる?

僕は女性のVIO処理をしているVIOコンシェルジュとして活動しています。
今のところ不特定多数の方への施術や、営利目的の施術はしておりませんのであしからず。

僕のVIO処理事例を写真付きで紹介している記事は↓

【画像注意】VIO処理のビフォーアフター。VIOコンシェルジュが処理した仕方

そんなVIOの処理を施術する上で、VIOコンシェルジュとしてはIラインが一番気を使います
まさにデリケートなゾーンですからね。

しかし、力を込めて言いたいのは、「Iラインが一番大切」ということです。

Vラインに意識が行き過ぎている女性が多い

女性が自分でVIO自己処理をする場合、VIOの見栄えの本体は「Vライン」だと思い込んでいます。

なので、Vライン(Vゾーン)の形をどうすればいいのか気にする人は結構多い。
他人のVラインが気になって、形を検索して調べる人は結構いますね。

ただ、男にとって女性のVIO処理でいちばん重要なのはIラインです
この意識の差異に気づくことができるか?
ここは大切なポイントです。

なぜなら、男性は女性の裸を立ち姿で正面から見ることは意外と少ないからですね。
男が相対するのは、とてもリアルな話、「脚をひらいた状態」なんです。
それが現実。

男の人のアレの絵を描いてみよう!

これは男女逆に考えると分かりやすいです。

それなりに経験のある男女に、「男の人のアレの絵を描いてください」と依頼します。
男の子じゃなく、大人の男の人というのがポイント。
できるだけリアルに書いてください、という注釈も付けましょう。

すると、面白いくらい男女で違う絵を書きます

男性が描くアレの絵は、上から見た図、横から見た図が多いです。

もう分かると思いますが、女性の描く絵は、男性から見て裏側を描くことが圧倒的に多いんですよね。

なぜなら、女性にとってはそれが見慣れた構図であり、正面だからです。

男性にとっては、Iライン処理が全て

VラインとIラインの男女差の話は、これと全く同じお話です。

女性は勝手にVラインが本体でありVライン処理に意識が向きますが、男性から見ればIライン処理が全てなんですよ。

もちろんVラインはもじゃもじゃでもいいって話ではなく、Vはしっかり整えてIは何もしない状態は意味ないよって話。

もう少し厳密な話をすると、バックが好きなカップルであればOライン処理が一番重要でしょうね。
そこが一番目に入るので。

ですので、VIOの自己処理をする場合、Vライン以上にIラインに力を入れて欲しいんです。
ここだけは是非とも意識の転換をして欲しいですね。

「私は男の目線なんか意識したくない。自分の美意識を優先したい」

そんな女性もいるとは思いますが、やっぱり男性がどう思っているのかも重要だと思いませんか?

どうせなら、男性にも女性にも「キレイだな」と思われる状態を目指したほうが良いと思います。

じゃあ、Iライン処理はどうなっている状態がいいの?

Iライン処理の重要性が理解できたところで、どう処理するべきなのか?答えは?

これは、

「全部無くす。つるつる」

が正解です。

二階堂
単純な話、Iラインに毛が残っているメリットは男女ともにありません。皆無です。

 

男性からすれば圧倒的に邪魔なのはちょっと考えれば理解できるでしょう。

いわゆるオーラル(舌とかで頑張る行為)をするときに邪魔でしかないし、においの元にもなります。
見栄え的にもキレイな毛(細い、薄い、ストレート)ならいいけど、大体はもじゃもじゃなので汚らしくなりますよね。

見栄え的にも物理的にも必要性がないんですよ。
何か存在理由を説明できる人はいますか?

二階堂
あえて理由を挙げるとすれば、Iラインの毛がなくなったことによっておしっこをするときに変な方向にいってしまう、という女性はいますね。

でもこれ、言い換えると、Iラインの毛におしっこがかかりまくっているということです。
どう考えても汚くないですか?

 

逆に、Iラインの毛がなければ明らかに色々な行為はしやすくなりますし、見栄えも向上します。

二階堂
女性でも、オーラルのときに毛が口に入って嫌だったみたいな話はするでしょう?

男からすると、より近いので毛が口に入るどころの話ではなく、もう毛と顔が大接近、というか密着するような状態になるわけです。

ちょっと恥ずかしい行為だからなるべく変なことは考えないようにしている女性は多いと思いますが、よく考えてみるとめちゃくちゃなことを彼氏にさせていると思いませんか?

 

僕が実際に経験した中では、パンツを脱がしたときにもじゃもじゃのIラインの毛にオリモノがべったり付いているのを見たときはやっぱり流石に引きました。

頑張って自分を奮い立たせ、さっさと突っ込んで腰を振るのがやっとでしたよ。

とてもオーラルは出来ませんでした。

二階堂
若い頃って行為の前にシャワーを浴びれなかったりするから、こういう悲劇が起きやすいよね。

 

男性から見てIライン処理が重要だということ、少しは伝わりましたか?

自分の好きな女性を見て、「汚い」って思いたくないのは普通の心理だと思います。

もちろん女性視点でも必要性がない

「男のそんな意見なんて知るかー!!!」

いやいや、女性視点で考えてもIラインの毛に必要性はほとんどありません

Iラインに毛があれば蒸れやすくなり、生理かぶれの確率も高まります。

嫌なかゆみの原因になり、においもこもりやすいですね。
においの元が毛にこびりついてしまうわけです。

あとは、Iラインの毛が長すぎて、隙間に挟まって小陰唇が痛いという事例も結構聞きます。

二階堂
ちなみに、毛が挟まって痛い現象は男性にも起きます。

 

「毛がないと丸見えで恥ずかしい」なんて意見もたまに聞きますが、Vラインは理解できるけどIラインはいらないでしょう。

ストレートに言いますが、どうせ股を開けたら丸見えなんです。
その中で、毛がもじゃもじゃしてるほうを恥ずかしいと早く認識して欲しいですね。

汚らしい毛が伸び放題で残っている状態と、キレイに処理されている状態、どちらが恥ずかしいのかは考えるまでもないでしょう。

「Iラインに毛がなきゃ嫌だ」なんてマニアックな男はそうそういないと思います。

一度試しに剃ってみれば分かりますが、Iラインの毛が無くなるとほとんどの女性が「パンツをはいたときのスッキリ感が違う」といいますよ。
フィットするというか。

その代わり、剃ってる場合はすぐに伸びてきてチクチク問題が発生しますけどね。

とは言えデメリットはこれくらいで、ほぼメリットしかありません
無ければ無いに越したことはないんです。

VIOのにおい問題は男女関係に大きく影響する

先に軽く触れましたが、においの問題もかなり重要です。

女性は男性のにおいに敏感だけど、実は男性も女性のにおいに敏感なんです
異性のにおいってきつく感じるんですよね。

女性のアレは構造的に臭くなってしまいがちです。
男性に比べて洗いにくいし、蒸れやすいし、体の中から分泌物がおりてきてしまう。
これはもう生物学上しょうがない話です。

 

ただでさえ臭くなりやすいのに、Iラインの毛が長ければ、トイレのときに普通におしっこが付いてしまいます。

体内からの分泌物や生理の経血も付きます。
いくらティッシュで拭くとはいえ、キレイに除去できるわけではないですよね。

これが通気性の悪いパンツの中で蒸れると、ものすごいことになります。
長年のにおいがこびりつくと、お風呂に入ってもにおいが取れない状態になります。
そんな女性が結構いるんです。

風呂に入っていない男性の股間のにおいを想像してください。

女性の場合、毎日お風呂に入っていてもそれくらいにおいが残りやすいわけです。
あなたはきちんとケアできていますか?

VIOのにおいを軽減する方法は?

においを軽減する方法は色々ありますが、少しでも軽減したいならまずはIラインの毛を除去しましょう
蒸れにくくするのと、体内からの分泌物が毛に付着してにおうのを防げます。

例えばワキでも毛が生えている状態とツルツルではにおいが全然違いますよね?
それと同じです。

ちなみに、その他のにおいの軽減方法は以下の通り。

  • 通気性の良いパンツをはく(化学繊維ではなくシルクのものを利用する)
  • お風呂で適度に洗う(洗いすぎは常在菌が死んで余計ににおうことも。専用ソープを使うのがいい)
  • 行為の前にシャワーが浴びれないときは、ウォシュレットのビデをうまく使う
  • 動物性蛋白質、脂肪を取りすぎない。果物を食べる
  • VIO専用の香水を使っておく
二階堂
VIOのにおい問題と改善については、いずれ別記事で詳しく解説します。

Iラインの具体的な自己処理方法

Iライン処理の重要性がしっかり理解できたところで、具体的なIラインの自己処理法を解説します。
と言ってもVラインのように一部残すわけではないので、実はそれほど難しい話ではありません。

その代わり、必ず用意して欲しいものがあります。

電動カミソリといヒートカッター

です。

電動カミソリは、VIOコンシェルジュの僕はパナソニックの「フェリエ」を使っています。

安全に使えてなおかつ振動でどんどん切れるので、刃を皮膚に直接当てる必要がなく、肌荒れのリスクを軽減します。

普通のT字カミソリなんかでやっちゃうと、カミソリ負けして肌荒れしたり赤いポツポツができたりすることが多いんです。
皮膚が薄くデリケートな部分ですので、気を使ってあげてください。
自分の体だと思って雑に扱う女性は多いんです。

ヒートカッターは「ラヴィアVライントリマー」を使っています。

「シルキーケア」も使ったことがありますが、どちらも同じような商品なので正直どちらでも良いです。

料金的にはフェリエもヒートカッターもお手軽な価格で長く使えますし、フェリエは顔剃りなんかにも使えますので、これくらいは最低限用意して欲しいです。
顔剃り用とVIO用のフェリエを兼用するのかどうかはあなたにお任せします(笑

とりあえずこの2つあれば準備完了!

Iラインに毛がない状態を保つことがベスト

まずはIライン処理のゴール設定ですが、上で説明しました通りはツルツル維持がベストです。
あとは面倒くささや自己処理時間が取れるかどうかの問題。

理想を言えば3日に1回はフェリエで剃ってほしいですね。
Iラインの毛はどうしてもすぐに伸びてきてしまうので。

どうしても面倒くさい場合、フェリエなどでも肌荒れしてしまう場合、毛が濃すぎて毛のボツボツが黒く目立ってしまう場合、生えてきた毛のチクチクが耐えられない場合はどうすればいいのか?

その場合はヒートカッターでできるだけ短くしておくのがベターです。
ただ、ヒートカッターは短く出来る限度があり、5mmくらいが限度ですね。

この状態であればとりあえずもじゃもじゃよりはよほど良いです。
濃い人だと泥棒ヒゲみたいになっちゃいますけどねー。

フェリエとヒートカッターはVラインの自己処理でも必需品なので、あれこれ考えずに買ったほうがいいです。

フェリエとヒートカッターがない場合は?

購入前でどちらもない場合、学生さんとかで通販で買うのが親バレしそうで恥ずかしい女性はどうすればいいのか?

無難なのははさみで短くして、ワキとかで使っているT字カミソリで剃るって感じですね。
T字で剃るときは、お風呂などでボディソープを付けてすべりをよくしてやってほしいです。
肌荒れやカミソリ負けを幾分軽減できます。

ただ、はさみは毛の先端が鋭利になってチクチクの元だし、T字は剃り残しが多くなるしやはり肌も痛めやすいです。
Iラインが赤くポツポツしているのはキレイではないですよね。

ヒートカッターやフェリエはドンキにも売っていたりするので、探して買って欲しいですね。

「日々の自己処理は面倒くさい!でもキレイを保ちたい!」

根本的に解決したいなら、結局は脱毛するしかないです。
脱毛して完璧な状態を作ってしまえば、日々のめんどくさい作業がなくなってかなり快適になりますよ。

オススメのVIO脱毛についてまとめていますので、参考にしてみてください。

VIO脱毛コンシェルジュ二階堂がおすすめ!間違いのないVIO脱毛ランキング

VIO処理・VIO脱毛をコンシェルジュが詳しく解説

© 2018 お嬢様、VIO脱毛コンシェルジュにご用命ください!Powered by AFFINGER4 .